美容師ヘアーカラー 日米のカラーシステムの違い  バージン毛カラー#5

kadus 社のカラー配合表です。

この会社は3原色でN。ナチュラルレベルを作成しています。
中心が/0ナチュラルに成っているのはそのためです、

今海外ではカラーを番号で表示する事を前の日記でお知らせしました、0から9までの番号で表します。

1/0Nから11/0N までは3原色で色を作り明度計で明るさを測りレベルを決めています

中心に近くなるほど色が濃くなります。彩度は低くなります。
7main color mix chart

1-4レベルまでは暗くてカラーの種類は多く有りません

一番カラーの彩色が多いのは7-9レベルです。

レベル5アンダーレベルレッドについて述べてみます。

5/0 5/43について

65-055-43

5/0はナチュラルを示すから、表の真中です

5/43を見てください

/4はカッパーで、/3はゴールドです、/43を上のカラー表で見てくださいオレンジで黄色近くのラインで作って有ります。

この色は、レベル5を2つの色の組み合わせで作って有るということです

5/5 5/46

5-525-46#2

5/5は表示がレッドですが、青色よりに作って有ります。元が3原色で作成した有るのでこうなると思います

5/46を見てください
4はカッパー、6はバイオレットです。これを混ぜて5レベルのカラーを作ります。中心近くに寄っています。

5/71を見てください           5/3
35-715-3

同じように 5/71を見てください


/7はブラウンを作るのは元の3原色にブルーを加える事で色が濃くなりますので出来ます、
/1はアシュです。これは明るいブルーです
この2つを混ぜ合わせて5レベルの色を作ります。此処では/71と言う位置は有りません
5レベルアンダーカラーレッドでもこのように違う色をミックスして3原色の/0に足すとこのような違ったカラー剤が有るということです。

5/3を見てください

3はゴールドですが5レベルの為にオレンジ系とグリーンを混ぜて作って有ります

5/55                 5/66を比較してみます

5-55 5-66

5/55は

5は赤ですが55は完全にバイオレットの方になっています、このように バイオレットをたくさん入れて濃い赤5レベルで作っています

5/66はどうでしょうか

6はバイオレットです。それが重なり合ってあるわけですから、濃い5レベルの明るさのバイオレットと成ります

これを同じレベルのカラーでの彩度が有ると前の日記に述べました

当然これも作っていけば際限無く作る事が出来ます。

日本のLevelcosmetics materia カラー毛束 level 5の明るさアンダーレベルRed

毛髪のカラーレベル5

これは国際レベルでは3-4レベルですね

日本ではこのカラー毛の顧客が来たら、この色を塗ればこうなりますと説明した有るのがチャートですね、

その結果をLevelMateriaでは5レベル、10レベル、14レベルで仕上がりカラーを作って有ります。

その色素がここに有ります
Colo with whte hair白い毛にカラー剤を塗布その発色

カラーをしてある毛髪レベルのカラー毛束の種類を

color chart 4-5-6- 8color chart10,12,14,16,18
4レベルから18レベルまでにに分けてあり、このカラーの顧客が来たら、上記の白毛に塗布してあるカラーを塗布して下さいとして有ります。

これは私には非常に解りやすい方法に思えます。

私は日本では18レベルのカラー、20レベルのカラーが有るもんだと思っていましたが、そうでなく、黒髪をブリーチで上げた色にレベルを付けて?有るので、その明るさのカラーは無い!!と言うことを教えてもらいました!!

これはアメリカのカラーとは全く違います!!

アメリカでカラーをする事と日本でカラーをする事はかなり事情が違うようですね!

次の日記に行きます

日米のカラーシステムの違い バージン毛カラー#6

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中