ヘアーカラーコレクションは、時間がと顧客の好みの色に合わせるのが最大の特徴です

今回はブロンド志向のHonduras、スペイン系の女性です。

自毛は国際レベル4 トーンは黒ですが、日本人の黒さとは違います。日本人の黒は国際レベルで1-3レベルで4レベルの人はかなり少ないです。

想像ですが、アンダートンは、4レベルですと、黄色60%以上、青が10-15%赤が25%-30%の配合だと想像します。日本人の黒から比べると 黄色は倍以上ありますが、それでも明るくすると、赤が出てきます。

1週間後彼女が「赤が出てきた!」何とかできないか?」と言ってきました。

私自身は、トリートメントを3週間サロンで続ける事、次の月は2週間に一回、後は毎月か2ヶ月に一回と進めていました。カラー自体は、違うレベルとトーンでいいカラーに収まると思っています。特に彼女が気にするストロベリーブロンドは、9vの結果ですから、これは日がたつと無くなり、更に明るいブロンドに成るはずですが? 彼女は待てないようです。

今回は、すでに明るくなっていますので、少し黄色薄くする事でいいわけですから、ハイリフトカラー 11N,11A,11G,9vを少々入れます。40v12%を2倍、それに水を少々足して、全体に塗布し、その後、ブリーチ20V(6%)作って、ウォームな場所にバリヤージ方法で塗布していきます。

ドライヤーに今度は25分間放置、トリートメントの後、トーなー、9G,9V 1対1で作成、そこに8MB(グリーを1/2)加ます。 9レベルでは暗すぎますので、クリストルクレヤー(薬剤薄め液)を同じ以上に加え、プロセス液を加えて、

揉み込み、5分間、放置 シャンプーで流して、リンスを使用し、終了です。

 

彼女は初めてのブロンドで喜んでいますが、私としては、明るすぎると思っています。 彼女が予定どうり、トリートメントに来てくれる事を願っていますが??

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中