赤毛ののアン#2

5月26日にレッドカラーを作成しました、

今度は6月5日にサロンに来てもらい、トリートメントと赤を強くしたく来店してもらいました

すでに可なり赤が薄くなっています

トリートメントを行なうとカラーが活性するというのが私の信じている所です

これをシャンプー後に塗布し、ドライヤーで15分間放置、シャンプーして乾燥させて結果を見ました

確かにカラー味が濃くなりました、面白いのは赤系のカラーですから、光に関係でカラーが赤みが出たり、イエロー味がでたりする事です

今回はテンポラリーカラーで行ないます

Red ken Shadeseq 09aa &06aa を中心にRED ,Yellow.コンサントレート。9Gbも加えます。

オキシでなく、特別の、薬液をオキシの代わりに使用します

09AAを6AAの2倍、Yellow をREDの1/4,9Gbを少々加えます

プラッチックバックでカラーを保護し、加温で30分放置

カラーは確かに濃くなりました。今度も光線の加減で可なり変化が有ります

今度も屋外で取ります、丁度午後1時30分で日差しが一番強い時です

直接太陽をサイドで、後頭部は日陰、.    .今度は日陰で撮影してみました。

直接太陽を真上に受けて撮影、可なり明るいオレンジ系ですね!

直接太陽に当たるように天頂部を撮影.

赤を作成するには、カラーを強くしたい場合は、9AAに少量のRed、少量のYellowの方が鮮やかに出るのかもしれません、

テンポラリーカラーを加温で30分はカラーが定着しすぎて〔白髪染めの時に行ないます)鮮やかさが無くなっているようです。

赤を鮮やかにするには、薄いピンク系でよかったのではと思います。

天頂部 カラー直後5月26日           .6月5日 10日後          

トリートメント後のカラー.            .6月5日カラー

直射日光でのカラー色彩

カラー10日後              トリートメント後

カラー室内撮影 .           .屋外日陰撮影

直射日光撮影

赤毛のアン#3

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中