毛髪健康、毛髪の損傷、 ヘアートリートメントについて#2
前回は毛髪健康にするトリートメントを述べました。
今回は
1)なぜ髪の毛は損傷するか?

2)白髪と、ブリーチ毛の損傷の違いは?
白髪染めとブリーチ毛のカラー方法の違いは?

1)なぜ髪の毛は損傷するか?毛髪の成分は、皮膚、爪と同じと言われています。皮膚は、古い皮膚は毎日落ちていきます。

フェイシャルの特徴は、この古い皮膚をよく取り除き、出来るだけ新しい皮膚に栄養を与える事をします。ですからフェイシャルは続けて行う事が必要です。

爪は

特別な人でない限り、10cm以上伸ばす人は少なく、頻繁に切り取ります。

マネキヤーで爪を長い事人工的にカバーしていますと爪自体が弱くなります。

そうでなければ基本的には健康です、爪自体は、指先まで、1cm前後です。

毛髪

伸ばせば、どんどん伸びていきます、髪の毛のサイクルは、大体7~8年と言われています。
月1cm位伸びるのが平均だそうですから、1年で12cmで、8年で、96cm位まではカットしないと伸びます。

天頂部とネックでは30cmの距離か有りますので、背中は、96cm+30cm位長くなると思います。

肩から腰の下までは伸びている人を見かけますが、それ以下の人はあまり居ないのはこのせいです・

ただし、毎日50-150本抜け替わっているそうですから、毛先は何時も薄くなっています。
長い人が毛先だけをカットするのはこのためです。

毛髪が生えてくるのを新生毛と言いますが、この先、成分が体内から補給されません。

そのまま伸びるだけです。

この毛髪成分を破壊するのは

太陽光線、水、シャンプー、ドライヤー、アイロン、帽子、そして全てのケミカル(パーマ、カラー、ブリーチ、エクステンション、縮毛矯正)等が有ります。

この何種類かを毎日行い、さらにケミカル行うのですから、毛髪が如何に丈夫に出来ているかご理解できると思います。

基本的に、殆んどの人達が毛髪の手入れは、コンディショニング止まりです。

これですと毛髪自体は健康に成りません、大勢の方が毛髪を痛めたまま生活をしています。

前の日記に書きましたが、コンディショニングは一時的に状態を変化させるだけです。

特に多いのが、表皮をカバーする方法です、これで毛髪がさらさらと感じ健康になったと勘違いするからです、

毛皮だけをカバーする方法

油性(椿油等、植物性油性、シリコン等 鉱物性油性、)

植物成分(アバカド、アロエー、成分)

これらの多くの製品は毛髪表皮をカバーするだけで毛髪自体には浸透しませんのでコンディショニングとして販売されています。

では、毛髪自体を健康にするもは有るのか??

これの代名詞がPPTと言われている製品です。

今はこれに付随して、多くのトリートメントが作成されています。

ただ殆んどの方が髪の毛を痛めたままに生活されていますから、1度のトリートメントでは効果を感じられるのが少ないと言う事です。

多くの人が、長い事ほったらかしですから、時間と費用をかけて、トリートメントをしていただければ、

貴方の髪が如何にに美しいか、、

カラーが如何に綺麗か、

パーマが如何にカールが綺麗に出来るか

縮毛矯正の髪が長持ち、よく動くか、

理解されると思います。

次は

毛髪健康、白髪とブリーチ毛の違い トリートメント#3

毛髪健康、毛髪の損傷、ヘアートリートメント#2」への2件のフィードバック

  1. hairmogi より:

    Mogi 2009年10月31日 08:03

    ララさん

    出来るだけ一般の人が理解して頂く事がうれしい事ですので有難うございます。

    是非美しい髪を楽しんで下さい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中