毛髪健康 ヘアートリートメントについて 番外編

Mixi仲間がトリートメントの件とカラーの長持ちをどうするかの質問が有りました

彼女匿名を希望なのでそのようにしますが、そのやり取りを転載します

質問
突然すいません…                2009年10月30日 11時20分
> カラーの色持ちをよくするにはどうしたらいいですか!?

>>>>>>>>Mogiの返事

お久しぶりです

美容師 毛髪健康の ヘアートリートメントについて
://mixi.jp/view_diary.pl?id=1321583757&owner_id=6359076

をよく読んでいただけばご理解できます。

美容師は一番髪の毛を痛める仕事をしていますが、手入れはほとんど顧客に勧めていません

材質が痛んでいるのにいくらカラーを長く持たせようとしても無理な注文です、

カラー前、カラー液、カラー後に、トリートメントを行い、カラー専門のシャンプー、コンデショナーをしてもらい、月に何度かトリートメントに来店してもらってください。

一度顧客をモデルにして、トリートメントの効果を調べて、ご自分で実感してください。

私もそうして初めて実感した一人です。

Mogi

> ありがとうございます
>
> 読みました
> が……
>
>
すっごく手間がかかりますよね?営業中にはとても無理です。

髪の毛を健康にする事を多くの美容師、顧客も全く理解していないということですね!

髪の毛は生えてくる時が最高の状態です。その後は何もしなくても悪くなってきます。

髪の毛の健康は丁度車のガソリンタンクと思っています、満タンにして後は使うだけで空になると、エンジンは止まりますが、髪の毛は中身がなくとも髪として残っていますし、その役目をさせようとします、

ガソリンを満タンにしても走るとすぐにガソリンが減ってくるように、髪の毛は何時でも栄養補給が必要です
>

>
> 私はカラーシャンプーをするときにしっかり乳化するとか
>

最初から痛んでいる髪には全く意味がありません それ以上悪くならないだけで良くは成りません

> アルカリ残留物を除去するトリートメントをつけたり

最初から痛んでいる髪には全く意味がありません それ以上悪くならないだけで良くは成りません

>
> カラーはしっかり20分置くとか
> カラーしたあとにマニキュアのクリアをのせるとかそんな感じなのですが…

最初から痛んでいる髪には全く意味がありませんん それ以上悪くならないだけで良くは成りません

もともと健康な髪には必要な事です。

健康髪を維持する最低の事で、髪の毛が骸骨なのに着るものを着替えさせて、健康な体になったと錯覚しているだけですね!

> こんな感じでもぎさん流カラーの色持ちアップ方が知りたいです♪

髪の毛を他の製品で比較するなら、革製品、かばん、靴、これを使用しなくそのまま置いていては、置いている状態で自然とぼろぼろに成ります、
これを新品状態で保つには、皮に必要な製品を塗布し、一定の温度、湿度、又は、真空状態で保存擦れは長持ちします。

革製品を毎日使用して、手入れしなければ、痛んで、ぼろぼろに成ると思います、痛んでから手入れをして元に戻すのは大変な努力、又は、画期的な回復製品が出来ないと無理ですね

髪の毛は健康な人は男性の角刈り、短髪な人だけでしょう。新生毛から5cm位は有る程度健康な状態を保つと思います??

トリートメンとを続けて3回行ってください、

それからカラーをして、トリートメンとして、

特別なシャンプー。コンデショニングを使用し、

つきに1度トリートメンとをして下さい

これでカラーは長持ちするはずです。

カラーが長持ちしないのは、シャンプー、コンデショニング、カラーの配合、カラーの方法が悪いのでなく、単純に毛髪が健康でないだけです。

> そうなんですね…
> でも痛んでない髪なんて有り得ないなら乳化は全く意味ないんですか?

そうではなく、痛んでいる髪の現状維持でそれ以下、以上にはならないということです。

毛髪がからむ事を一時的に表皮をスムーズにするだけです。と言う事です。

手がかさかさの時にクリームを塗布するとその時は良くても手を洗って、石鹸で洗うと元のかさかさになりますね、
手入れして、水(それだけが原因とするなら)を使用しないでクリームを塗布していれば回復は早く、そうしなければ遅い、 皮膚は古い痛んでいるのはどんどんはげて落ちていきます、中から新生皮膚が出てきます、それを痛めなければ、元のすべすべな皮膚になります、

髪の毛は新生毛は皮膚のように出てきますが、痛んでいるのは切らないと残っていますと言う事です。

逆に痛んだ毛が残っていると言う事は、トリートメンとで、必要成分を補給してあげれば、元の健康な髪に戻ると言う事です、其のままでは回復はしま せん。痛みがひどいと回復に時間がかかるか、(トリートメントの成分がそこ迄出来ないのか(製品がそこまで良い製品は未だ出来ていないのか)

ですから、コンデショニング、シャンプー、乳化ではその成分が毛髪の成分として浸透するほど製品成分を細かく作成していないと言う事です

>

ちがいます 乳化はカラーの色持ちの話です カラーシャンプーに入る前にカラー剤を乳化することで色持ちに変化はないのか?ということです

すいませんそういうことでしたか!

まずはあまり関係ないと思います。何度も言いますが、髪自体を健康にしてから、その方法を使用すると効果はあると思います。

髪の毛を健康にしてからカラーをして、薬剤を使用すると、必ず髪を傷めます、それをすぐに補強してください、
これしかカラーを長持ちさせる方法は有りません。

美容師の方は、毛髪自体の健康を治さないで、技術で何とか成らないかと今でも頑張っておられる方が多く居られます。
大変良いご質問でしたので、出来るだけ他の美容師と情報を交換したく、日記にて公開したいと思いますが如何でしょうか??

髪の毛痛んでいるのも、顧客、美容師も知っていながら、美容師はそれを自分の技術でカバーしようとする方が世界中で大勢居ます。

すばらしい事ですが、私には自信過剰??と感じます?

素材、髪が、もともとぼろぼろでさらにケミカル、カットで治す事は不可能です。

まずは髪を健康にして、
当然時間と費用がかかります、これを顧客正確に伝えて、後は顧客の選択に任せるべきではないのでしょうか??

私が髪の手入れを説明すると殆んどの顧客は始めて聞いた!!と驚きます、(私の方がおどろきますが!!今までの担当の美容師は何を???)

そして、髪の毛が回復するとさらに驚きます。

> すっごく手間がかかりますよね?営業中にはとても無理です。

と言う事でなく、営業だからきちんと行うべきだと思いますが??

日本に有るヘッドスパを専門サロンが営業しているなら、理美容院がその職業を生かすべきではないのでしょうか??

広告

毛髪健康。ヘアートリートメントについて 番外編」への5件のフィードバック

  1. hairmogi より:

    ふうりん 2009年11月04日 18:55
    〉営業中には無理です

    コレは非常に残念な台詞ですね…営業中だからこそして頂きたいです…

    むしろ営業中だから、こそそこにペイが発生する訳ですから価値はあると思うのですが…カラーにしてもパーマにしても、面倒な事を面倒だと解っていて、されている方は、何の技術を見ても綺麗ですし、上手いです。

    無駄を省くとシンプルになり結果作業も早くなりますが、無駄を無駄と思ってしないままだと省く事も出来ずに上手くならないです。

    カットにしても上手い方は当たり前の切り方で当たり前に切ります、基本が完璧に出来ていれば後は何でも出来ますので。

    ただ、コレって実際に自分で体験したり頭を打たない限り理解は出来ないんですよね。

    美容業ってちゃんとしようと思うと面倒な事ばっかりですよ。

    だから、面倒と達成感が裏表なんですよね。

    頑張りましょう。

  2. hairmogi より:

    二代目ties 2009年11月04日 19:3

    めんどくさいことをめんどくさがらずやる

    この当たり前のことを1番だいじにしてます

  3. hairmogi より:

    Mogi 2009年11月05日 01:54

    匿名希望の美容師から以下のような連絡が有りました。

    「日記読ませていただきました

    もぎさんの考え方素晴らしいと思います★

    …ですが…
    私は思います
    お客様もそこまで望んでいないのでは!?とがまん顔

    もぎさんが言ってたようにほとんどの方の髪が傷んでいます。
    それでも色持ちを気にしてる方はたくさんいて、でも金銭的にもそんなにサロンに来れない人や忙しくて来れない人もいます。

    そういう人たちに対して少しでも色持ちをよくするカラーってないんですか!? 」

    多くlの美容師が世界中で同じ悩みを感じています、

    皆さんのお気持ち、考えは如何でしょうか??

  4. hairmogi より:

    ふうりん
    2009年11月05日 09:07

    >私は思います
    >お客様もそこまで望んでいないのでは!?とがまん顔

    何を思い、どうされるかは貴方の自由です。
    実際全てのお客さんがそこまで求めているかどうかはわかりません。

    ですが、実際問題前述の工程(自店なら別料金5000円程度)が、
    お店側の負担だと、お客さん側に負担はない、となったら如何でしょうか?大体の方が施術を希望されると思います。
    トリートメント等をおススメする時に時間が、や、お金が、といわれる
    お客さんに今日はサービスです、と付け加えると間違いなくやります。

    要はお客さん側の時間やお金の断るポーズは単に追加料金が嫌なだけで
    ただならやりたい、そういった場合がほとんどです。

    何が言いたいのかというと、物事には必ず対価が存在します。
    髪を健康にしたいが、お金をかけたくない、時間もかけたくない、では
    やはり無理があります。
    ですが、実際健康にしたいが、お金も時間もかけたくない、とおっしゃる方は本当に健康にしたいと思っていないです。ポーズです。

    ただで簡単に健康になる、それなら、やる、では到底健康には程遠いです。

    身体もそうですが、健康(髪や身体)を維持するにはお金はかかります。

    それは仕方の無いことです。

    >もぎさんが言ってたようにほとんどの方の髪が傷んでいます。
    >それでも色持ちを気にしてる方はたくさんいて、でも金銭的にもそん>なにサロンに来れない人や忙しくて来れない人もいます。

    前述のとおり、優先順位の問題です。
    痛んでいるのに色持ちを気にするなら、やはり補修は必須です。
    その金額が金銭的に無理、だというなら根本的に無理でしょう。
    何でもそうですが、高級外車に乗りたいが、金銭的に無理。
    だったらそもそも高級外車には乗れないです。高級、になりますので。
    同じことです、価値観と優先順位が人それぞれですから。

    ただ、そもそもお聞きしたいのは匿名希望さんは、そんなお客さんを
    満足にきちんと直してあげ得たいと思っているのでしょうか?
    それなら金銭的に無理ならサービスでも何でもしてあげれば喜びます。
    時間的に無理なら、ナイターでも早朝でも、休日でもあわせてあげれば
    喜びます。極端にいえば訪問でも良いでしょう。(法律云々はこの際)

    しかしながら匿名希望さんの書き込みはそういった意味合いは感じない
    です、細かい作業や工程は面倒くさい、簡単なやり方でしたい、教えて欲しい、そう感じます。

    カラーの色持ちにしろ、パーマの持ちにしろ、簡単に即効性のある方法
    なんて無いと思います。
    そもそもあればメーカーが実践しているはずです。

  5. hairmogi より:

    Mogi 2009年11月05日 10:10
    ふうりんさん

    コメント有難うございます。

    真剣にトリートメントをなさっておられ事が感じ取れます。

    基本的にはふりんさんのご意見に賛同します。

    私はこちらで仕事をしています、全て指名ですから、私ぐらい古い美容師は自分で料金を決めます。

    その時に顧客がいくら持っているかを殆んど考えません、

    それより、どれだけ価値観を伝えるかに力を注ぎます。
    その価値観がない人は当然去ります、

    しかし考えてください、世界中の人口の500人特定の顧客が居たら満タンで後は誰も出来ません、
    全ての人に私の仕事を出来るわけでもなし、今居る人にどれだけその人の価値観にあった仕事をするかが問題です。

    ただ多くの美容師は顧客の懐を気にします、残念ながら、その割には自分の仕事を研鑽しません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中