サロンでカラーを教えた子が、私の質問が良くないと言われました。

カラー自体には明るさが有りますか?」と聞くべきで。

「カラー自体に明度がありますか?」は勘違いする質問の仕方が悪すぎると注意されました。

カラー自体に明度が有ると思っている美容師は大変に多く、私のカラークラスを取っている生徒でも勘違いしているのが居ます。

> 明度、レベル、トーン、彩度 に付いての言葉の意味は知っていますが、それを良く理解をしているとはいえません。

> 明度とは?

答え、

明るさ、では、

1)何の明るさ?

答え  「・・・・・」 (光、発光体の明るさを測ったもの)

2)明るさの尺度、測る計器はなに?

答え  「・・・・・」  (明度計、グレースケール、ブライトスケール)

> レベルとは?

答え

「段階。」

カラーレベルとは?

答え「カラーの明るさの段階」
カラーレベルの段階を何で決めたか?

答え  「・・・・・」 (明度計を使って決める)
>
トーン とは?

答え

「調子」

カラートーンとは?

答え

「色調」

トーンとレベルの違いは?

答え

「・・・・」  (カラーレベルが同じで、横に広がる色をトーンと言います。レベルは立ての10段階に別れ、トーンは横に広がります。)

同じレベルのカラーでのトーンの違いはどれくらい有る?

答え「・・・・」  (これは何種るでも無限大に作れる色調の可能性があります)

> 彩度とは?

答え

「 鮮やかさ 」

色彩度とは?

答え

「 色の鮮やかさ。 」

彩度とトーンの違い?

答え「・・・」  (サイドはカラーの濃い、薄いを決めた物で、トーンはあらゆるカラー色味、色調をさします)

彩度、カラーレベルの違い?

答え「・・・・」  (サイドはカラーの濃い薄いを決めたもので、カラーレベルはカラーの明るさを明度計で測って決めたものです)

彩度は全ての濃い色を一線に並べて水で溶かしてどんどん薄くしていった物で、色味の濃い、薄いを比較した物ですが、
これにレベルを入れますと、明度計で測りますから一番濃い色が一線には並びません。

カラーの彩度は彩度が濃いほど明度は低く、彩度が薄いほど明度は高くなります。

鮮やかな色、好きな色、は全て個人の好みと、感触、感覚で判断しますので
カラーレベル、色調、彩度とは別の物になります。

カラーを明度計で測ってカラーレベルを決めるのは、

カラー又は、白、黒をコピーする時に、又は同じものを大量に作る時に必要です。

ヘアーカラーで明度を国際レベルで正確に作ってあるナチョラルカラーレベルを使用して
ナチョラルベルカラー明度で
自毛カラー、明度を見分ける事で、有る程度カラー自体に含まれているピグメントが理解、憶測できます、

目的のカラーを設定、それを薬品でどうするかを決める時に必要です。

基本的なことですが、言葉の意味、使用方法を認識する事でさらにカラーが楽しくなります。

美容師さん仲間の問答が有りますのでご覧下さい

KIICHI WATANABE さんとの問答 #3


広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中