美容師 カラー教室#5 クイズの答え

質問
1)ヘアーカラー、又はカラー自体には明度が有りますか??????

2)赤、青、黄色カラー自体、カラーそのものには明度が有りますか???

3)もし明度がカラー自体に有ると考える人はどうしてですか???

4)もし明度はカラー自体に無いと考える人はどうしてですか?

最初に私のクイズに直接参加していただいた Kiichi Watanabe さん、もんちっちさん、Uniさん、そして私に直接答えを頂いた2人の美容師の方にお礼を申し上げます。

私からの答えです。

質問

1)ヘアーカラー、又はカラー自体には明度が有りますか??????

答え
カラー自体には明度は有りません。

理由

明度は明るさを測る測量計、明度計で測って決めています。

光がものに反射した物(これが何でもいいんです)物に当たって反射した明るさを測ってそのレベルの明るさを決めます。

それを表現する為に黒から白10段階に分けて作って有ります。

つまり発光体が発した光が何かに当たって反射した明るさを測り、その反射した明かりの明るさに段階を付けたのがレベルを1から10番まで決めてあります。

明度計を使用してカラーの明るさをを1から10までの段階を付けたのが、カラーレベルです。

発光体自体には明度が有ります

蝋燭の炎。焚き火の炎、電球、太陽、等です。
それぞれの明かりを度合いを測るものが多く有ります。電球のワットの単位は、確か一本蝋燭の炎の明るさを、1mはなれた白いバック場所で明るさをで計ってそれを1ワットの単位にしたと記憶に有ります。

グラム、センチメーター、マッハ、メガバイト、インチ、ポンド、等多くの測量計が有りますがそれは何かを対象に誰か頭の良い人が、決めて、それを使用して何かを測量します。

物には重さ、長さが有りますが、それ自体では正確に、重さ、長さを表現できないので,キログラム、Cmの測量計を作りそれで表現します。

カラー自体は発光体で有りませんので、「カラー自体には明度は、明るさは、有りません。 」

質問
2)赤、青、黄色カラー自体、カラーそのものには明度が有りますか???

答え
明度は有りません

理由
全ての色自体は発光体で無いので、明るさは全ての色に有りませんので、ここでも明度は有りません

 

質問
3)もし明度がカラー自体に有ると考える人はどうしてですか???

カラー自体にメイドが有ると答えた頂いた。

皆さんの答えです。


答え
1)カラーには明るい色、暗い色が有るのでカラー自体にも明度が有る。


2】「光が物に当たって反射する度合いを測って明るさを決める。1を黒として10を白とする」のが明度計なので、どの色にもあると思います。

3)
カラーリング(色彩)として}
地球上のありとあらゆる色は、光源の違いこそあれ、全て反射光として認識されます。光を反射する比率が高い程明るく、光を吸収する比率が高い程暗い。したがって、プライマリーカラー(原色)といえども、明度はあります。
ちなみに、三原色の中で一番明るいのがイエローで、次がレッド、一番暗いのはブルーです。
4)
赤という色を指す時に3原色の混合から成り立つ赤だけでも数限りなく存在するだろうし、これがセカンダリーカラーとかの混合色の赤であれば無限大(少し大げさかも)だろうと思います。そして質問1での答えから色に対して設けている明度で同じ色のような赤でも区別できるようになっているのではないでしょうか。
5)
黒、白に関してもあると考えます
6)
3)透明でない限り、光の一部を吸収し、反射した残りの光を目で感知し
明るさや色を感じるため、カラー自体に明度はあると思います。

 

4)>>もし明度はカラー自体に無いと考える人はどうしてですか?

私の考えです

人間が色を認識するのは、太陽光線のスペクタル、眼科、脳の話になりますからここでは省きますが

まず目を閉じてください、カラーは見えません、明るさは感じます、(これが明度を感じています)
目を開けて、真っ暗な洞窟、暗室で、カラーを見立て下さい、全く見えません。

何らかの発光体が無いと、物は見えませんし、物にはカラーが有りますがカラー自体には発光体が有りませんから、「明度は有りませんが正解です。」

カラー自体に明度か有ると感じるのは、

普段人間は明るいところで物を見ます,その時には物に光が反射して色を感じているのでそう感じますが、光の無いところではカラーは見えません。
明度計は「黒から白になる反射率を測って10段階に分けて有るだけす、

これを英語では、グレイスケール、ブライトスケールと表現しています。これ自体にもカラーは有りません、」

発光体から発する光に反射したカラーを見ていますのでカラーに明るさが有ると事が当然と思い込んでいる人が多いのですが、

実際はカラーに光が当たって色が見え、その明るさを単純に明度計で決めたのがカラーレベルです。

これは大変重要な事です、

カラー自体に明るさが無く、光によって色味、色彩、違って見える、ヘアーカラーも、蛍光灯の下、太陽の下、電灯の下、曇っている ときに同じカラーでも色味が違って見えます。顧客が一番過ごす場所の明るさに対処するカラーも考慮する必要が有ります。
>

多くの計量

グラム、センチメーター、マッハ、メガバイト、インチ、ポンド、等多くの測量計が有りますがそれは何かを対象に誰か頭の良い人が、決めて、それを使用して何かを測量します。

カラー教室クイズその2 明度、彩度、色調の区別

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中