青に赤を加える#2

カラーウイール実際編(青色に赤を加える)

前回は赤色に青を倍倍加えて行く方法でカラーのレベル、色彩、色調、の違いを見てみました。
今回はその逆で青色に赤色を加えていく方法でカラーレベル、色彩、色調を見てみたいと思います
青1対赤1、青1対赤2、青1対赤4、青1対赤8、青1対赤16、青1対赤32、青1対赤64まで行っています。
青レベル5.赤なし


青1対赤1、= レベル2、

青1対赤2、= レベル2、

青1対赤4、=レベル3、

青1対赤8、=レベル3.5

青1対赤16、=レベル4

青1対赤32、=レベル4、

青1対赤64 =レベル5

此処での特徴は、青1対1になった時にレベルが下がる事です。

その彩色は青1対赤64= レベル5純粋赤より彩色、色調より濃い赤、に見えます。

赤で青色を消そうとしても1対1ではレベルは同暗く成り可なり黒く成りますが、赤が2倍に成りますと赤みが出てきます。

赤で青を消す事は難しいと言う事です。
しかし青に赤を加えるとウォーム色を出すことだ出来ます。
青に赤を加えると
青5…….2……..2……3…….3/5….4…..4…..5………各レベル

青………..1…….2……4……8……16…..32…..64…..青に赤を加える倍率


青4/5 4….4. 3/5…3.. .2…….2…赤6…….各レベル

64 32 16 ..8  4 ..2 …1   赤に青を加える倍率

赤色に青を加えると

赤 =レベル6
赤1対青1、=レベル2.赤1対青2.=レベル2. 赤1対青4.=レベル3.赤1対青8.=レベル3.5
赤1対青16.= レベル4. 赤1対青36.=4レベル。赤1対青64.=4.5レベル

最後は同じように1対64でレベル自体は一つレベルの少ない、赤、青のレベルになっています。

その彩色 赤1対青64.=4.5.レベル の青色も同じで純粋の青より此処では鮮やかな青に見えます。
逆に青で赤を消すなら青をを4-8倍以上加えると青色が出て赤を消す事が出来ます。
クールな色にするなら青色を4倍以上加えると出来る事が理解できます。

カラーにはどう使用するか

此処では赤色、青色だけですが、それでも、

青と赤を1対1で混ぜると暗くなり黒いカラーに成り、レベルも2と成ります、

青に赤を足していくと青1赤2赤味がでてきます・

赤に青を足し赤1青2では暗く、青が出てくるのは4倍足さないと出て来ません

青1に対して赤64倍では赤味が出ますが、レベルは1レベル低く濃い赤、濁った赤になります

赤1に対して青64倍では完全にになりますが、純粋青よりレベルは低く成りますが、鮮やかな青になります

青色赤を消す事が出来るが、赤色は青色を消す事は出来なく、青色はクールにする事が出来るが、赤色はウォームにする事が出来きる。これだけでも理解できます。

赤を消して青色を出すとするなら大量の青が必要で青に対して、赤を出すなら赤みはでますが、綺麗な赤を作るには64倍では足りないことが理解できます

実際のカラーでは

これに黄色が加わりますので変化しますが、赤を消して青を出すのには大量の青が必要だと言う事が理解できます

実際のカラーに使用するにはもう少し実験を続けます。

カラーウイール #3   黄色に赤色を加える

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中