理美容師がどうしたら一流になれるかについて私の意見を話をして見ます。

一流になりたい人は参考にして下さい。

まず理美容師をどうして選んだかをもう一度良く考えてください

理由は何で有れ、それを良く理解して、その理由を認識して行動してください、そうする事でこれからどうするか進路は出てきます。

理美容師の最大の特徴は、理美容師学校に入学前は全員が全くの素人だと言う事です。
それが1-2年の学生生活を終わるとプロとして?現場にいる事です。

考えようによってはこれは最大のチャンスです。

学生時代に多いに情報を入れることです。

理美容専門雑誌が多く有ります。

これをすべて見て、情報を取ります。

学校に来られる、外来講師(現場で働いている理美容師)に直接質問すること、多くのヘアーショーを見物に行く事、

お金が掛かりますが、かけない方法としては、

雑誌は図書館に有ればそこで見て、コピーを取ります、

雑誌の載っているヘアーショーに参加したければ、

主催者にアシスタントを申し出て、裏方を手伝います、この方が実際にシステムが理解できるし

作品も近くで見れます。 一流の人達とも顔見知りに成ります。

学校の先生に業界の有名人を聞きそのサロンを見学に行きます。

サロンでは必ず興味の有る学生を歓迎します、

出来たら自分一人か少人数で打かけてください。

気に入ったサロン、人物が居たら、頻繁にサロンに行くべきです。

自分でカット、カラーその他のノートを作成してください。

自分で考えたノート作りで、コピーではなく、どうしてそれが必要か、その時の知識で書き込んでください。

各メイカーが行う無料講習会には必ず参加して、講師の方に積極的に質問してください。

最初は知識を溜め込む為に、このように出来るだけ業界の知識を吸収してください。

その後で自分に必要なもの、そうでない物を振り分け、必要な物はさらに勉強して下さい。

卒業するまでにその地域で一番のサロン、又は、気に入っているサロン、良い技術者のサロンで働いてください。

そのサロンで採用されるまで、何度も足を運んで頼んでみてください。

先方からの採用は宝くじを買って当選するのを待っているのと似ています、
サロンでは全くの素人を雇うわけですから、基本的には誰でも良い筈です。本人がどれだけサロンに興味を持ち、仕事に熱心かを知るだけですので、

サロン探しは学校に入学と同時に始めてください、先方にも都合が有ります、

サロンを選ぶ事が貴方の将来に非常に影響します。恋人よりも。??

サロンではサロンの行事には積極的に参加して下さい。サロンで自分の仕事以外の事、メーキャップ、エステ、化粧品販売、全てに興味を持ち勉強しましょう。全てマスターは不可能でしょうが知識を積みます。
サロンで撮影、雑誌撮影、ヘアーショー、研修会を主催していたら是非とも参加して下さい。
サロンでまずは一番の仕事をするように努力してください。

そのようなサロンに恵まれ無くとも、

撮影は写真家と提携して出来ます。雑誌社に尋ねれは教えてくれるはずです。ヘアーショー、はアシスタントを申し出てください。各メーカー、問屋さんが行うショーではヘルプが必要です承諾してくれるでしょう。その時だめでも、次の機会が有ります。
自分で行動するときは、自分の都合で行動しますが、相手が有る場合は相手の都合がありますから断られて当たり前です、

そこから始まります。その時最低相手と話すなり、会うチャンスが出来ただけでもラッキーと感じて次の機会を生かすようにしてください。
出来るだけ講習会、ヘアーショウ、研修会、に参加して、他店理美容師と自分の力量、サロンの力量を比較してみてください。

最初の5年間は基礎知識、それを出来るだけ集めて自分のノートを作成してください。

次の5年でその基礎知識を本当に消化し自分の物としてください。

10年後

いよいよ自分のスタイルを基礎を十分に活用して、応用し、確立してください。

10年もかかる?? 10年で一流と言われる仕事が出来れば素晴らしい努力をした人です!

理美容学校に入学前は素人ですよ!それが一流に成るのですから、10年で出来たら可なり勉強と、環境に恵まれた人か、類まれなる才能の人だけでしょう。

前にも書きましたが、プロの世界、芸術家、医者、料理人、プロ競技人、茶道、華道、舞踊、芸人、全ての人達が、その世界で他人から料金を頂いて仕事をするとなると、ましてはその道で一流と言われるまでには、正しい教育、指導者の下でトレーニングを積んでも10年ではなかなか、料金を取って仕事をする事は厳しいを思います。

最後は貴方自身がどうするかです?

人間は平均寿命が有ります。その間に貴方は何をしたいのかで答えが出ます??

3)一流の理美容師とは

2)一流に成るには」への2件のフィードバック

  1. 林田 拓也 says:

    はじめまして、私は美容師を目指している大阪府に住んでいる高校2年生です。
    先ほどこちらのホームページを見させていただいてとても感動しました。
    ‘一流に成るには‘ 
    この言葉が印象に残っていて、もっとたくさんお話を聞きたいと感じました。

    もしよかったら、
    高校生の間にできる美容師になった時役立つようなことなどを教えていただけないでしょうか。
    突然で申し訳ありません。

    1. hairmogi says:

      林田さん
      有難うございました!
      若い貴方が美容師を既に目標とされている事はそれだけでも素晴らしい事です、私自身が貴方の時に将来の展望を持っていませんでした。可能性の夢をみていました。
      何でもそうですが、最終目的?を何処におくかです、美容師でもピンからキリまで有ります、ご自分の美容師の最終目的を出来るだけ正確に書き出してください。基本的には、技術者として世界のトップレベルになるのか?
      経営者として美容ビジネスを上場企業にするか?

      両方を行なうか?

      これによりそこの道のりを書き出します。
      私の書いている事は全て1)一流の技術者になるにはです、
      2,3は有りません。

      現実問題は、高校生、まずは頭を鍛えてください、勉強を真剣にして自分で学ぶ姿勢の習慣を付けてください。

      大勢の同級生、学校で、貴方の名前が良い事で響き渡る事を練習してください、

      私達の仕事は、人に知られないと何も出来ない仕事です、従業員も任権、顧客も人間、ヘアーカットの製品の在庫は有りません、製品は完成から壊れていく製品です。

      人と人の仕事、それに対する満足度をどう相手が感じるための演出を行ないます、それが私達の商売です

      つまり人の評価、これを作り上げる仕事ですから、学校で皆がどう貴方を評価しているか?あなた自身の行動がどう影響するかを勉強する良い場所です。

      これは自分自身を無くせでなく、逆に自分自身の主張、行動を信念を持って行い、それに対するみんなの反応を見る事です。

      と言うことを勉強してください

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中