美容師 カラー教室#25 カット教室、同時 究極の毛量調整について Inside out

今回は私の娘VIVAをモデルに行います。美容師の娘に生まれると好き嫌いに関係なく良く最終実験台に使用します。その後に顧客に行います。
今回は娘が大学終了で久しぶりに戻ってきましたので、彼女のカラーは退色、毛髪は増えて??コントロールできないと言う状態を、長さを出来るだけ切らずに行います。

1 2 3

毛髪の特徴

黒 レベル1-2真っ黒日本レベル1-8までの黒

毛髪は太く、剛毛で多い

カラーレベルは退色6レベルブラウン(日本15ベル

寝てシャンプーをしないとこれだけ潰れて見えます

4 56


6

前回カットしてカラーを黒だけ入れて、ローライトだけ入れましたが、それが伸びて、約6ヶ月以上経っています。

フォイルしていない毛髪で退色しているカラーに黒を塗布したり、黒を必要な場所はフォイルして似ない場所に黒を塗布します

7 8 9 10

11

目的

カット

長さを切らずに、毛量調整で軽くして、動きが出るようにする。

カラー

根元を上げて退色したカラーの調整と黒を入れる。

カラーフォーミラー

根元

2レベルを(日本6レベル)
4(11-12レベル)と6(15レベル)レベルで作成

1)4レベル作製

2x4(目的レベル)-(2本人のカラーレベル)=6レベルカラーを使用。
オキシ20v(6%)

4レベルのアンダーピグメントはレッドバイオレット

6/0(15レベルナチョナル).
6.75(15レベルのブラウンレッド)
6(15レベルのブルー).
7/2(16レベルのグリーン).
7/1(16レベルのブルー)
0.33 (純黄色).
0.11(純青色)

これでアンダーレベルのレッドバイオレットを消し、濃い目のブラウンを作製します。

12

6レベル作製(アンダーレベルカラーはレッドオレンジ)

2x6-(2)=10レベル(日本20レベル)これではカラーの選定が少ないので
2x6-(2+30v(2レベル上がる)=8レベル使用

オキシ30v(9%)日本では使用し無いオキシレベル

8.0.(17レベル)
8.1(17レベルのブルー)、
8.3(17レベルのゴールド)、
8.43(17レベルのカッパーゴールd)
8.75 (17レベルのブラウンレッド)
0.11 (純青色)
0.33 (純黄色) .

これでアンダーレベルのレッドオレンジをキャンセルする共に、黄色のある柔らかいブラウンを作製してみたいと思います。

13 14
15

3レベル作製(9-10レベル) 3レベルのアンダーカラーはバイオレット
2x3-(2)=4レベル

4レベル使用(11-12レベル)

4.0(11-12レベルのナチョナル)
5.3(13-14のゴールド)
2.01(6-8レベルの濃いブルーカラー)
6.1(15レベルkのブルー)
0.11 (純青色)
0.33 (純黄色)

バイオレットカラーにブルーを加えて暗くし、黄色で薄めると、黒でも柔らかい黒が出きます。

16 17  18

インサイドアウトカット方法

彼女が6年生頃から始まっていますので実際は毛髪が剛毛で太く、黒いので、これより可なり多く有ります。

19 20 21

この方法を始めたのは今から25-6年前に成ります。
毛髪を動かしたい、毛髪をロープ上に出来ないか?という思いです。

確かにスタイリングジェルを大量に付け、毛髪を捻りますと出来ますが、そうではなく、そうしなくとも、風が吹けば毛髪が流れる方法をかんがえておりました、

最初は鋏で、根元を刃先で切っていきましたが、時間がかかるのと、効果がイマイチハッキリしません、それで梳き鋏で始めましたが、この方法でも上手く出来ません。

それが4-5年続きます

ある年、日本に行き、セミナーを行っていましたが、秋、列車から畑の稲穂見ていますと、風が吹くたびに見事に稲穂が揺れ動きます。あれがカット出来たら!

ある場所で稲穂を半分くらい切り取って有り、切り株が有り、その間が綺麗に隙間が有ります!!!これだと思わず、見とれていました。

その頃、黒人が毛髪に分け目を付けるときにはバリカンで分け目を剃るように付けていたり、バリカンで線を頭髪に入れるのが流行りだしていました。

これと、稲穂の切り株が結びつき、このカットが考案されました。
これをインサイドアウトと名前を付けたの後年です。

22 23
2425

鋏だけで行っていた時は最初はチュチュトレインカット

子供がデズニーダンボー漫画を見ていまして,サーカスが移動する時山を登ったり、降りたりする汽車の動きに似ていたので名前を付け

最初に日本男性がこのカットを希望されたので、彼の名前をつけてオグラカットと言っていました。

26 27 28

クリッパーは薄い物を使用します.立て、横、クロスと自由に行ってください
29 30 31

梳き鋏で同じ場所、そうでない所を梳きます。梳き鋏は今回目の細かいの使用します。娘は毎回行っていますので、たくさん梳かなくて大丈夫ですが、始めての方は、もっと梳ける鋏を使用します

32 34 35 36

梳くのも根元から梳き、梳いた場所を良く見て多い所を選んで梳きます。
37 38 39 40 41

42 43 44

長さをカットしたのは黒い毛髪の部分だけです。後は梳いているだけです。

45

さて終わりました結果はいかに??

46 47 48 49

では比較してみましょう
フロントです

50 51  

天頂部はカラーだけですね

52 53

サイド、最初のはカラー前、次がカラー後

54 55

インサイドアウトカット後の状態。

56 57
毛髪が指で梳かすだけでよく動きが出ます

58 59

バックの
最初のはシャンプーしていません。カラー後のシャンプー後の量を見てください

60 61
梳いて下を短くカットしたのと途中でインサイドアウトを行っている写真の毛量です

6263

これがインサイドアウトです。

男性の短いカットで毛髪を動かす時には最高です。

日本の女性はこのカットをすると毛髪が動き、長持ちします。

このカットは私はカット料金$250で行います。

Inside out の説明 究極の毛量調製 # 2

Inside out 究極の毛量調整について#1」への9件のフィードバック

  1. hairmogi says:

    LED2008年09月11日 09:08
    先生、毛量を調整し多い髪を減らすのに根元からセ二ングやチョップカット、またはクリッパーを使用するのはいいのですが、このようなテクニックは必要でない方には使用しなくていいものです!日本ではそのようなテクニックを見栄えだけで使う美容師さんがとても多いように感じます!ヘアをつくるのにただのパフォーマンスは必要ないように感じます!何故?根本をカットするのか?どういう髪質に必要なのかが実際は講習などで美容師さんに伝わっていないことが多いと感じます!そして、根本をカットするのは安易ではけしていけないということです!お客さまのアフターがどのようなことになるのかを想定しなければならないからです!必要な場所にどのように根本をカットすればいいものなのかを本当の意味で伝わっていないのが実際だと僕は思います!!

  2. hairmogi says:

    Mogi2008年09月11日 09:34
    Redさん
    全くそのとうりです。根元からカットするのは、此処に有りますように、剛毛、太い毛、大量に有る毛量に人に限ります。

    それと本当に毛量を少なくしたい人です。

    天頂部を立てる人、動かす人には出来ますが、娘のように分けて下に流すスタイルでは、行いません。
    天頂部を動かす人はストロークカットでサイドに動かし、根元から毛先に上に向かって行います。

    梳き鋏が切れないと、又は毛束を厚めに取って行いますと、毛髪をちぎりますので伸びてきて痛んだように見えます。

    アメリカ人は毛髪が細くあまり必要では有りませんが、毛髪が多い女性逆にペタンとなますので、長さを揃えて、鋏で行いますと、毛髪の中に空気を送り込み、動きが出来ます。

    クリッパーはアメリカ人でカールの強い、そして大量に毛量の人に使用すると、カールが柔らかくなり、大変喜ばれます。

    ウエーブは、長さが揃っていると、強くなります。
    一本の髪のウエーブは強くは有りませんが束になると強くなるのは同じ場所が曲がっているからです。

    ウエー毛髪の毛束の中に違う長さを作る事でウエーブのパターンを崩し、柔らかいウェーブが出来ます。

    逆の方法で、日本人の直毛、剛毛にパーマを行う前に、このバリカン、根元カットを行ってパーマをかけてください、信じられないくらい柔らかいパーマがかかります。
    パーマ動きを作りますが同時に毛量が4-50%多く見えるように成ります。

    ただしやりすぎないで下さい、最初はやりすぎませんが、同じ顧客がに同じ事を繰り返すと時は、調整してください。
    慣れるとつい多く行いますので気をつけてください。

    以上の失敗は私が全て経験済みです。

  3. hairmogi says:

    LED2008年09月11日 09:45
    先生ありがとうございます!茂木先生のような現在でも真剣にとりくんでいらっしゃる大先輩に出会えて光栄です!以前、ヘアモードでヨシトーヤさんが来日された時にむりやり誌面で対談させていただいたことがありました!90年代のころです!私は若い美容師さんにどうしてもヨシさんを紹介したいという思いから女性モード社に無理をいって対談させていただきました!現在、日本の美容業界は混迷しています!また、茂木先生のお話伺えたら光栄です!ありがとうございました

  4. hairmogi says:

    御台2009年06月06日 09:51
    なるほど~と読み込ませていただきました。
    稲穂を電車から眺めている間に…という部分、そうやって、自然にヒントが隠れていて、そして、観察するということから、Mogiさん自身が気づかれた…すばらしいですね。光景が目に浮かぶようです。

    紫に、青をのせ、黄色で伸ばす…これは、色の法則。紫の対照色相は黄色。色味を落としたいときには、対照色相を加える…私もよく(実際の髪ではありませんが)やる方法です。そして、そこへ青をさらにのせることによって「柔らかい黒」の創作…私も肖像画を描くときに、よくやることです。面白いですね。

    根元から髪をすく…というのは、主人にもよくやって見ていたことです。私の場合、毎回やるんですが、一箇所とかにならないように、思い切りランダムに入れます。

    残念ながら、自分の髪はなかなか難しいので、やってみたことがありません。いつも、お願いして…でも、根元からいっちゃってくださいと何度もお願いしてみても…なかなかざっくりやってくださる方って…いないんですよね。 でも、こうやって、Mogiさんのレッスンを垣間見させていただいて、あ、私の発想も、まんざらでもなかったのね…と、安心させていただきました。ありがとうございます。

    子供達の髪も、親2人が髪の毛豊富なもので…汗 結構多いので、こどもの髪をすくときも、結構ランダムに稲穂の空間を作ってます。:)  でも、やっぱり、そのお陰で、ある程度の量に調節できて、朝起きても、特にスタイリングなどしなくても、男衆3人、普通に生活できている様子です。

    ありがとうございました。

  5. hairmogi says:

    Mogi2009年06月06日 10:22
    Rejoice_of_liberty さん
    コメント有難うございます。
    このインサイドアウトは、毛髪を立てる場合(天頂部)は行いますが、立てない場合は天頂部は避けてください、但し根元5cm以上は大丈夫です。量によりますが毎回ランダムに行う事が必要です。なさっている事は有っています。ただチェッカーマークを作って一定の動きを出すなら,同じ所を毎回行う事が必要です。そうでに場合はランダムで結構です。

    カラーに関しましては、ヘアーカラーは毛髪に有る3原色を明るくする事で、アンダーカラー、アンダーピグメント言いますが、これがカラーウィルのように変化していきます。

    そのレベルを何処まで上げるのかがオキシ、プロくサイドです。
    その強さでレベルを変化します、

    ペイントとの最大の違いは、アンがーカラーが常に変化し、それに対してどのカラーを加えて、色身を濃く、色味を中和、色味を薄くします。

    つまりキャンバスのカラーが何時も変化していると言うことです。

  6. hairmogi says:

    御台2009年06月07日 21:33
    なるほど~陶器ともまた違った、難しさですね。

    キャンバスがいつも変化している…

    微調整…これは、本当に、ご経験が感を促すという事が大きく仕上がりに顕著に現れそうですね。

    ステキなお料理を作る方…というのも、様々なレイヤーがあるものですが…
    味、見た目、素材の特質…そして、科学反応などなど、

    ヘアカラーというのも、なかなか極めようとおもうと、物凄い執着心と、研究意欲が必要ですね。

    その探究心に感謝です。ありがとうございます。

  7. hairmogi says:

    Mogi2009年06月08日 04:09
    ヘアーカラーに関しては、教える事はむしろ簡単です。
    私も最初はアメリカで勉強しましたので語学力不足で全くものになりませんでした。

    英語でき、日本語も出来る、幼児の時にアメリカに来て、頭の良い美容師に会い、彼は、カラーをイギリス人の最高カラーリストに1年間個人的に指導しもらい、帰国後、私も1年間休日にサロン従業員カラー教室に参加、当然私は部外者ですから授業料を支払い、勉強しました。

    基本的には、薬品を科学者が作る事、カラー3原色を混合を理解する事、を理解するにはどうするかを考え自分なりに工夫したのが。
    日記「美容師ヘアーカラー」にまとめて有ります。

    仕組みを理解する為の機械的な事を行い、最後のカラーミックスで、画家と同じ色味の感性が必要になりますが、此処まで来るのに、基礎のシステムが解っていないと、目的の色味を出せない。感性だけではカラーは全く出来ないと言うことです。

    それはキャンバスが常に変化しており、それが実施には見えないからです。

  8. hairmogi says:

    御台2009年06月08日 10:58
    なるほど。そして、美容師さんは、お客様の髪である…

    失敗したから、絵の具が乾いたら修正できるキャンバスとはわけが違いますしね。

    それだけに、入念な予知能力も宿題、予定暗算も必要でしょうね。

    そうかんがえると、ものすごい、プレッシャーですね。改めて、感謝です。ありがとうございます。

  9. hairmogi says:

    Mogi2009年06月08日 12:17
    実際に現場にいる美容師は全くといっていいくらいプレッシャーを感じていません、私も含めてです。

    それは実際に まずいカット、まずいカラーをしても作品で有る顧客が居なくなるから反省の資料がなく、反省、実証しようとしても、技術者の偏見が多く、デスカッションできないからです。顧客がその場所で気にはっきりと何が気に入らないか指摘してもらって初めて気が付く状態です。

    カラーに関しては、あるレベルのアンダーピグメントを理解すれば、それが色紙の色ですので、それにどう反応させるかの計算をしてカラーを作ります。出た色の最終修正を行うのでしたら、トーナーを使用することで(カラー剤ですがオキシがほとんど入っていません)
    これが絵の具カラー上乗せみたいな物ですが、これを本当に使用して最終カラーを作り上げる美容師のなかでカラーリストは、残念ながら、世界にそれほどおりません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中