美容師  ヘアーカット ロスアンゼルス講習会第2回 10月25日 先週2回目の第2週講習会を開催しました。1週目はワンレングス、A ライングラジュエーションの理論と実際を行い、今週は復習と、ラウンドレイヤー、レイヤーの基本を行ってもらいます先週のワンレングスの復習です

ワンレングスを正確にカットする事は大変難しい事は何度も述べています、
人間の体を止めて手で何かをすると必ず円運動になります
それをストレートラインを作ってカットする事は理由を良く知らないと何時までも出来ません

10-25-09 40084220_3983385935s
最初に立ち位置 目の位置、手の位置を決めるのが重要です

310-25-09 40084220_3134459855s410-25-09  40084220_883104225s
左手が肩に自然に落ちるところが、後ろの直線のコーナー、横につながる場所です、
ここを同じ方向に立って、座ってカットするとコーナーを切りすぎて後ろ直線ライン下がりになります。

210-25-09  40084220_3804535516s510-25-09  40084220_3042066044s
610-25-09  40084220_334695829s710-25-09  40084220_2629400611s
このコーナーを知り、理解し、指で押さえることが重要なポイントです。

10-25-09  39534194_1958769616s 10-25-09   39534194_3424976616s
この位置でネックに沿ってカットするとコーナーを切りすぎ横のラインが前上がりになり、後ろライン下がりになります

810-25-09  40084220_1855718485s910-25-09  40084220_2441128577s
コーナーが出来て初めて横のラインを両方決めます。

左側サイドは、鏡を後ろにして座るなり立つなりします

1010-25-09   40084220_4233614935s1110-25-09  40084220_2448992197s
A ライングラジュエーションはカットは難しく見えますが、体の位置は同じ場所で両方全て出来ます。

左側横カットは左足を1歩出し、

右側後頭部カット、センターをカットする時は、最初に体を開きカット、

右側横カットは右足を1歩出すだけで出来ます。

ここに英語ですがDVDの半分の説明が有ります、ある程度理解されると思います

今日の課題 「ラウンドレイヤーカット」

ダイアグラムを渡して、この説明、デモすとレーションを行います

4210-25-09  40084220_3285218757s43               10-25-09   40084220_4139030516s

2710-25-09   0084220_3078820868s2810-25-09   40084220_647459960s29

10-25-09   40084220_397258066s
今回は少し長め、ミデアムレイヤーをカットしますと説明、
サイドカットしています、左肩がカットラインに入っていますから上手くカット出来ているはずです。

このカットは、体をカット位置に動かしながら椅子を回ります、

その運動をしながら、髪を体で引き出していく、カット技術が全て含まれて居ます

12410-25-09   0084220_271808132s
最初にレイヤーの長さをフロントの一箇所で決めます、この長さでショートレイヤー、ミデアムレイヤー、ロングレイヤーが決まります

10-25-09  40084220_2054270549s10-25-09   40084220_3367085790s
フロントラインが決まったら、頭皮に指全体を付けて、そのままのアングルで引き出します

1610-25-09   40084220_2804354301s7
次のセクションはもう少し丸くなります,横に行きますと手のアングルは頭部のアングルに合わせ、トップカットガイドラインに合わせます

1810--25-09   0084220_3465632003s10-25-09   40084220_2154293193s
彼女は左利き美容師で全て反対になります、2時位置では右利きは左足を一歩出しますが、左利きは写真のように右足を一歩前に出します。

1910-25-09  40084220_2671530306s
Miki講師が左でがアングルを教え、彼女は右手でアングルをつくり、立ち位置も後方から行っています

10-25-09  40084220_1395347709s10-25-09  40084220_1395347709s10-25-09  40084220_3827699471s

サイドから後頭部にきましたので、Taka講師が後頭部の手のアングルは頭部の形と平行に、ガイドは天頂部を使用する事と教えています。

2510-25-09  40084220_3070754589s 10-25-09  40084220_1101280149s 10-25-09  40084220_280735923s

彼女の立ちスタイル、手のアングルを見ていれば彼女が良いカットをしているのが理解できます

2610-25-09  40084220_267381304s
左サイドをカットする時も反対から行います、
左手の人は大変感性が良く、右手でカットを教えても自分で反対方向に自然に出来るので助かります!!

3010-25-09  40084220_3295508802s
Danaさんにはラウンドレイヤーにカットして自分でアレンジするように指示

MichelLさんはもう一度ラウンドレイヤーにチャレンジ、
カットスタイル、足位置、手の位置、アングルが良く出来ていますから大丈夫でしょう

3710-25-09  40084220_1313714127s 10-25-09  40084220_2662790293s
作品が出来ました!
36                                        10-25-09   40084220_1828215080s
10-25-09  40084220_4261442334s 9-25-09   40084220_1859318054s

10-25-09   40084220_2805628757s 10-25-09  40084220_621643502s

Michellさんは??
3910-25-09   40084220_591497494s 10-25-09   40084220_1416533171s

少し動きを作ったら
4110-25-09  40084220_2299848581s
お!良い感じですね!

経験の有るDanaさんは良く練習しているようです、

私は何時も正しい??足位置、体位置、手の位置、を知るために、体の円運動を理解し練習する事で、カットは簡単に上手くなると思っています。

カット練習を(体の動き、足位置、体位置、手の位置)をすることで上達は出来る、

経験は感性を作るのに必要、

経験で、感性だけは、誰も真似できないので、経験だけで、感性のない人は何時までも上手くならない、下手の横好き!

練習は必ず上達します。それで経験、感性が付けば、カットは無限大に広がると思います

ロサンゼルス講習会第2週目」への2件のフィードバック

  1. hairmogi より:

    コメント

    コメントを書く

    LED 2009年11月02日 17:52
    そうですね!できるだけベーシックを多く訓練することが大切ですよね。もう、切れる!!ではなくて、繰り返し、繰り返し、トレーニングして自分でいろいろなことをきずくことが大切だと思うことあります。同じ練習ばかりでつまらないとかではないんですよね。同じことの繰り返しの中にきずくことが生まれてくるんですよね。今日より明日、また明日より、明後日につなげていくんですよね!日々上達できることはなににも変えがたい喜びってありますよね!デザインとかスタイルとかって言っても、このこと(ベーシック)が身についていない人には、いくらいい発想があっても、空回りするだけなんですよね!!ここで練習されていることが10年後の自分だし、30年後の自分につながっているには違いはないわけです!わからないことは講師に聞くことは大切です。もっと大切なのは、自分流ではなく、言われたとおりにできるようになることがなによりもベーシックを覚えることで大切なんですよね!!   このセミナーはとてもいいですね!いつも、そう感じます

  2. hairmogi より:

    Mogi 2009年11月03日 02:08
    [池田勇太 オレのゴルフ](4)左側に壁作り軸ぶれないストロークを

    http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/golf/lesson/news/20091028-OHT1T00153.htm?from=related

    大事なのは、真っすぐストロークすること。
    そこで家の中でもボールを使わずに練習できる方法がある。
    ふすまの敷居など、真っすぐな線に沿ってパターを素振りする。
    そこできちんとしたストロークを覚えてコースで実戦してほしい。

     きちんとしたストロークを覚えたら次は距離感。
    練習ラウンドをしているプロと違って、アマチュアの人は初めてのコースも多いので難しい時もあるよね。
    だから、プロアマ戦の時なんかにアドバイスするのは
    “1メートルなら1メートル、2メートルなら2メートルを歩測して、その距離のストロークを練習でしっかり体にしみこませて下さい”と。
    それを覚えておけば、初めてのグリーンでも朝の練習で調整すればいい距離感が出せる。

    Ledさん
    ゴルフの池田氏の記事で同じ事を言っていましたので抜粋しておきます。

    私もカットの技術と感性は同じのようで全く違うと何時も思っています。

    人間のすることは全て1から始まり、基礎部分が多くあり、その基礎部分を理解、会得、した人が数々の感性を出してくれていると思っています。

    カットにも3つのライン、水平(横) 斜め、 立て、のカットラインを練習して習得する事で全てのカットの応用に使用できるはずです。

    それをより正確に行うのが

    体の動き、円運動を理解し、それを直線運動に変化させるために
    足位置、体位置、手の位置が重要に成ってきます。

    これは反復練習ですから、カットをする必要はありません。

    カットが上達しない人、感性が出ない人には、これが全く出来ていません、
    ただカット、髪の毛を切っているだけですね!

    確かにまれにはデモストレーションで感性だけでカットしている人で上手い人を見たような気もしますが、それでも決める時は体の位置を切る瞬間にそこにもって行きます。

    しかし、これをマスターする事は不可能ですね!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中