ロスアンゼルス講習会4月25日2010年

今月の講習会も最終日になりました。

鋏の持ち方

ほとんどの理美容師が鋏を握りますので一定の方向に斜めにカットしていますがそれが理解できていません!今回も鋏の持ち方をとラーニングしますが?なかなか習慣が取れません!

Diagram ダイアグラム

デザインを考える時、又は、顧客が写真を持ってきてカットのリクエストをする時に、どのようなカットラインなのかを自分の頭で整理し、まとめてカットに入る事が必要です。

雑誌を見て自分の好みのスタイルを探してダイアグラムを書き込む練習です

Cut start

実技での足位置、体位置を見てみます

#1今日のカットをもう一度説明

#2足位置、手のアングルのできています

#3足位置は良いのですが、左手が頭部に立っています。

#4天頂部を後ろからカットでは左足が12時、右足、3時を指していますし、左手が頭部に垂直で平行ではありません

#1            #2         #3       #4

#5左利きです右足12時、左足が10時で良くできています

#6フロントのカットです、ここでは足位置、手の位置が決まっています

#7彼女も左利きです、足位置は問題有りませんし、左手がカットする場所に正確に垂直に当たっています。

#5         #6               #7

#8 一番良い練習方法ですコーチと同じ動きを同時に行なう事で自分の欠点が見えます。Takaが左足を一歩出して左肩を入れてカットラインに合わせ はさみの持ち方も手首が良く曲がっていますが彼女は手首が真っ直ぐです。

#9 左肘を体の中心に入れるようにして体で引き出します

#8                   #9

#10ラウンドレイヤのフロントラインのカット方法を教えています。

#11ドライヤーはドライする場所に垂直にブラシに向かって立て、髪をブラシとドライヤーで挟む様にして乾燥させてスタイルを作成しますと説明しています

#10                     #11

#12Taka 彼女の手の位置、体位置を見ながらコーチしています

#13 Jimは足がどうしても斜めに成ります、斜めに立つと左足1時、右足3時、体をひねりすぎる場合が有り、左手がカット面に斜めに成ります。

#12                  #13

#14この部分を薄くするには梳樹、ドライヤーもむしろブラシの背中を使用して行なうと説明しています

#15綺麗に引き出しています、これでカットすると垂直にカットが出来ます。

#14                   #15

#16鏡にテープを張って横の動きをその線上で前後に動く練習です。

#16

finish

Timesha さん が終了しました。メンズヘアーカットのスタンダードスタイルです

(A)刃最初にカットして、メンズカットなのでネックを短くしたのが(B)です

A             B



Weerayaさんはショートカットでトップを残しておきたいカットです。全てトップを真横に引き出してカットしています

Jodyさんは今回も可なり高度なデザインにチャレンジしましたが、時間切れで終わりませんでした。

次の機会に終了すると思います。

Body motion

ボデーモーション 付いて

カットに基本である天頂部を水平に切る、これは誰でも知っていますが、実際に一発で切れる美容師は残念なが多くおりません

A)私から、バングの部分を持ち上げて真っ直ぐに水平に切ります

1)左腕の肘が顔の真横、カットする場所に移動します。2)左肩が前方に入り込みます。3)足位置は2時で椅子の真下まで前進します

A’) 左手の位置をクローズアップにして見ますと、手は頭部と平行に髪を引き上げています、これで天頂部を水平にカットできます

B)天頂部の一番後方のカットです。

1〕左手の肘はカット位置に行きます2)体は可なり真っ直ぐ立ってきます。3〕足位置が2時の位置ままです。

B’) 左手もクローズアップしてみますと、左手はカット面と平行で、髪を垂直に引き上げます。天頂部を水平にカットできます

#A            #A’        #B       #B’

Dianaさんを見てみましょう

A)1〕左手肘はカットするより後方にあります。2)左肩がカット方向に無く、背中がフラットです

3)足位置は2時を指していますが、左足の踏み込みが足りません、右足の2時が横に踵が有ります、かかとは12時の線上になければなりません

A’) 左手の位置をクローズアップにすると、肘はカット位置ですが、左手は完全に捻っており、頭部と手が直角でこれでは水平にカットが出来ません

#A          #A’

#B)天頂部の一番後方のカットです。

1〕左肘はカットラインに有ります 2)体位置は最初と同じでフラットに立ってきます 3)足位置は2時の位置です。

全ていいのですが

#B’)左手をクローズアップするとやはり左手は頭部に水平では有りません。これは髪の毛を手前に引きもながら上げて行くからです。

#C) これは天頂部フロントカットを正面から見た写真です

1)足位置は見えませんが、2時の位置です、2〕写真に向かって右肩を見てください、下がって前方にでているのが理解できます。3)左肘がカット位置に有ります、4〕左手と頭部が水平になっています。

4〕櫛と指が一緒に毛髪を引き出しています。

#B       #B’            #C

Estherさんはどうでしょうか?

A) 1)左肘はカット位置から可なり離れています 2)左肩はDiana さんと同じフラットです。左肩が前方に行っていません、3)足位置は2時位置です。ただ椅子の真下まで左足を踏み込んでいません。

A”)  左手はここではそれほど曲がっていませんが、実際はDianaと同じく頭部に直角に成りますので水平にカット出来ません

#A         #A’

#B)天頂部の一番後方のカットです。

1)左肘を見てください、肘はカットラインから可なり後方にあります。2〕体位置は同じで、姿勢は直立になってます、3〕足位置は一応2時の位置ですが、彼女は左足12時、右足が1時になっています。

これでは水平に前後に動きにくくなります

#B        #B’)

Connieさんはどうでしょうか?

A) 1)左肘はカットラインに有りましょうか?少し後ろですね!

2〕左肩は誰よりもカットラインの前方に行っています

3〕足位置が2時位置?では無く斜めに揃えています、これですと確かに体がカット位置に、特に左方が入りやすくなりますが、入りやすくなり過ぎます。

A’〕左手をクローズアップしてみます

やはり左手は斜めに、カットする時には可なり頭部に対して垂直に成ってきます。

#B)天頂部の一番後方のカットです。

1〕体位置はまっすぎに立ちます2〕肩はカット位置の方向で斜めに成ります、3〕足位置は同じ斜めにそろえて立っています 4〕左肘はカット位置から後方にあります

#B’) この方法ではどうしても髪を手前に持ってきますので、左手は頭部と垂直、斜めに成り、カットラインは斜めに成ります。

#A          A”            #B        B’

左サイドを後方からサイドに引き出してカットしていきます

#A

1)体位置 椅子後方に立ちます

2〕足位置、左足を半歩だけ前に出します

3〕左肘をカットラインに持っていきます。

#A’

4〕左手もカット方向の頭部に当てて体で真っ直ぐに引き出します、

#B

5)左足を中心に置き少し動かし、右足を大きく動かしながら、左足は何時も半歩前に置きます。椅子を回りながらカットしていきます

#A        #A”                   #B    #B

#C 一番最後の後頭部をカッとする時の体位置

椅子の左側に立ち、左手肘は顔の中心に来ます

#B          #B         #C

#C’ご覧になるように左肘は顔の中心線上にあります左手は頭部と平行に有り体で引きだすと正確に真っ直ぐ切れます

#C’

Diana さんはどうでしょうか?

#1足位置が両足並行です、 左肘は可なりカットラインに近くに有ります、

#2 左手が前方に向いています

#3 この位置でカットすると手で手前に引きだしています

#4 拡大写真で左手も見てみます、体で引きださないで左手で引き出します左手の小指が頭部についていますから当然斜めにカットします

1      2      3         4

右側から後頭部に向かってくると、体の移動が無くなり、手でコントロールしてカットして来ますと、どうしても#8位置で後頭部をカットしますので、左手肘で髪の毛を押し出しますのでどうしても斜めにカットします

5       6        7       8

Esther さんはどうでしょうか??

#1足位置は半歩前にだしています。左手の肘はカット位置の後方に有ります。

#2 そのまま髪を引き出しますが?

#3 拡大写真で見ますと、髪の毛を櫛ですくって手前に持って、左手は、櫛の方向に持ってきます、

体で引き出していません

#4カットが後方に来ますので体を移動します

#1      #2        #3                 #4

#4,5,6,7左足を同じ場所に置いて、右足だけを下げていきますとどうしてもカットラインの延長の肘位置を見ると、カットラインが斜めに成る事が理解できると思います。

#5         #6       #7

Connie さんはどうでしょうか??

#1後頭部に立ちます、足位置は?2時の位置に近く、左足を半歩出すより、完全に体が斜めに成っています

#2 サイドの髪を見る事は良く見えますが、体が斜めなので、左肘がカットラインの前に有ります

#3 拡大写真で見てみます。左肘がカットラインより前方になっており、左手で毛髪を引き出しますから、左手は頭部と垂直になっていますから、どうしてもカット面が斜めに成ります。

#1       #2          #3

体を移動しながらカットしていきますが、左足を固定して、右足を下げて廻りますとEsther と同じような状態になりますから、カットラインは斜めにカットされます

#5        #6

最後の方法

毛髪を手前に引き出します。

#1足位置は2時の位置です上体を前方に出して、毛髪を引き出します。左肘を体のセンターにできるだけ近づけ体に着けます

#2拡大写真です指が直角に頭皮に当たっています

#1           #2

#3そのままの状態で体を引きながらカット位置まで櫛をガイドに持ってきます

#4拡大写真です、指の外側は手前に向いてい居るように持ってきます。指の厚さ分を調整してください、

#3            #4

#5、#6の写真で、私の腰のテーブルを見てください5で前方に行っているので隙間が有ります

6で体で引いてきますので、テーブルが腰で隠れます。

#5          #6

Dianaさんはどうでしょうか?

#1 足位置は2時です上体を前に倒して頭部から直線に毛髪を引き出してきそうです。左肘が体から離れているのが気になります

#2 拡大写真で見てみます。手は頭部に平行に当たっています、肘が体から可なり離れているのが気になります

#1          #2

#3引きだして来ました。腰を引いて引き出してきました

#4 拡大写真で見ます。指も外側が少し内側になっていますからカットラインは直線に切れます。櫛で最後のカットラインまでガイドして有ります。肘が離れすぎています

#3             #4

どのように引き出してきたか見てみます、

#5腰に移っているテーブルを見てください、#6で腰を曲げて引き出しているのが理解できます、

これでスト、時には正確に切れ、時には正確に切れません、肘が離れているので、カットアングルを変化しやすくなります。

#5           #6

Esther さんはどうでしょうか?

#1 足位置は2時体を前方に移動して髪の毛を引き出しにいきます。左肘は体近くに有ります

#2 拡大写真で見れ見ます。左手hカット頭部と平行に成っています。肘が少し離れていますが?

#1           #2

#3 毛髪を引きだして来ました。

#4 拡大写真で左手、右手の鋏のアングルを見てください。左手が左に毛髪を引きだしそうです。一番の問題は、鋏の持ち方です、この持ち方ではどうしても斜め、何時も上が短く下側が長い、レイヤーにしか切れません。

#3           #4

#5、#6 上体を前方に移動して、そのまま引き出しているのが理解できます。腰のテーブルを見てください。腰で引かないで体を利用して引き戻しています

#5            #6

Connieさんはどうでしょうか?

#1足位置は2時位置です。 左手肘が体に着いています。

#2拡大写真で見てみます。左手がカット頭部と平行ではありませんが問題であるとは思われません

#1         #2

#3 そのまま体で引き出しています。

#4 では左手のアングルは?引き出した角度が垂直に引き出されています。

#3           #4

#5、#6 ここでも腰のテーブルを見て下さい、最初に前方に行き、体で引き戻しているのが理解できます。左肘も体の中心近くに置いています。

3人の中では一番ポイントをつかんでいます。

#5        #6

さてこれから、ダイアグラムの作成です

Connieさんがこのデザインを行なうと言うことでダイアグラムを描いてもらいました

Dianaはボブラインで、鼻ラインからコンケーブを行ないます。ダイアグラムは下部を長く?コンケーブにします

Estherはフロントだけを長くし、他を短く切るカットを行なうのでそのダイアグラムを描きました

それぞれのデザインになるように計算してカット始めます。

#1Esther は両足をそれえてカットしてます。足位置を忘れています。左手は頭部と直角に成っています

#2Connieはサイドをカットしています、左足はもう少し12時の方向に向くと良いのですが?

#1                   #2

#3Daianaがフロントをカットしていますが、足位置は平行で2時の位置ではありません

#4サイド、後頭部にコンケーブを入れていますが、このアングルはレイヤーアングルですから良く決まっています。足は見えませんが、足位置は多分平行近くに立っているはずです。左手肘が体の横に付いているようですから、手前にカットする髪を引きだして切っています

#3                #4

Takaが詳細を説明しています

さて仕上がりは?

Connie はどうでしょうか?ヘアーカラーが違いますが?雰囲気は出来たようです。

Estherはどうでしょうかフロントのセットがいまいちですが、カットラインは出来ているようですね

Dianaはどうでしょうか?

アイデアはできています、これからバングを短く、コンケーブを梳き鋏、ストロークで削って、フラットアイロンで直ぐに仕上げると出来ます。

総論

モーション、カットでも足位置、体位置、手のアングル、肘の位置が定まっていないと、自分で思っているカットラインが異なってくる事が理解できます。

ヘアーカットは良く感性、感覚と言われたり、天性の感性ともいわれます。

確かにそれは必要とかもしれませんが、そこまで行くにはやはり技術的に研鑽しないとできないと思います

技術的な基本である、手、指がカット技術で自由に動かす事ができる事が最初

鋏の持ち方を理解し、自由に直線、両斜めラインが、何時でもきる事ができる様にトレーニングが必要

体、指、手の動きを知り、体を軸としてカットラインを決める事で、同じカットラインを作るようにし

足位置とカットライン、体の動きを知り、コントロールする事が必要であり

ガイドラインを離さないで、櫛を両方の指の間を通す事が必要

以上基本的なことをマスターする事で、カット自体が簡単にできるようになり、同時にダイアグラムでカットのアウトラインを理解して実際に行なう事でさらに上達が早くなります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中