指、手首の訓練は如何して必要か?

理美容の仕事は手仕事です。指、手首を使用して作品を作る仕事です。

理美容師の仕事を始まるのが18歳以上になっています。体が成長し、指、手、腕が自由に動かす事が出来ますので、訓練が必要ないと感じていますし、判断能力が有りますので、反復練習を行うことに抵抗を感じたり、失敗を嫌がり、指摘されると抵抗すると言う状態で始めます。

理美容師は指、手首の訓練が必要ですが良い方法が有りません。

例えば、楽器を使用する人は、練習するたびに音が出ます。正確な音を出すために、練習をすることで、指、手首を鍛えます。

運動では相手がいますのでその人に勝つために又は比較し、練習をします

アートは批評家、に作品を評価されますので研鑽をします。

理美容師は、コンテストに出場しない限り、自分の能力を比較、評価してくれる人が居ませんので練習がおろそかになります、

ヘアーカット作品を作る事に熱心ですが、その過程を練習しませんので作品が上手く出来なく、失敗が大きくなります。

 

理美容の仕事は、

一定の道具を使用しないで、多くの道具を使用します。

ドライヤー、鋏、櫛、ブラシ、アイロン、フォイル、ウィービング、ローラーセット、パーマネント、等、

道具の使用方法がそれぞれ有り、特定の指だけを使用します。

指、手首が仕事をする訓練をしていないと、全ての道具を使用するのが上手く行きません

 

練習すると言ってもどれだけ、如何するか?が問題になります。

エクササイズ真剣に行う人は、練習量、時間、を記入して練習します

同じ事です

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中