練習表の付け方

練習方法を正直につけるか、自分に格好良く見せたいためにインチキするかによって上達の進歩が違います。

  • 最初のページ上段に年月日とへーカットの名前を記入下さい
  • これで貴方が何時、どのスタイルを勉強始めたのが明確に分かります
  • 回数は何度同じ事を練習したか、
  • 練習は1回分は10回反復練習します
  • 毎回何分掛かっているかを計り、知る事で スピードの上がる時期が分かります
  • イマジネーションカットを10回単位で行います
  • 言葉でカットを正確に表現してください、10回単位です。
  • 足位置、体位置、手の位置10回単位で行ってください
  • 素振り、シュミレーションカット、10回単位で行ってください
  • 実際にカット、同じカットの練習を40回行っています。時間を計って1回だけ行ってください
  • 修正カットをしないで、又最初から各10回練習してください、
  • 4番目の素振り、シュミレーションカットの時に、最初のカット失敗、ミステークを見つける事が出来ます。そこが貴方のウィイークポイントとです。
  • シュミレーションする時に 多くの、違う場所が出てくるとしたら、原因は、足位置、体位置、手の角度、がカットする時に  ずれている場合が多く有ります。
  • カットは50mmだけ切ります。
  • 各練習100回終了、実際カット10回
  • 終了年月日を必ず記入してください。これで貴方が一つのカットを理解するのにどれだけ時間が掛かったかを知る事ができ、次のチャレンジの目的、目安が出来ます。

  • 練習表

Untitled drawing

ヘアーカット練習表日本語

インターネット研修制度
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中