鋏の持ち方と練習

 

道具の持ち方は重要です、特にカットする場合鋏が必要です。

カットする時に鋏は単に開閉して髪を切るだけでなく、正確に、早く切る事が必要です。

多くの理美容師が鋏には如何して静刃、動刃有るかを理解していません

鋏の持ち方を重要でないと感じるのは?

鋏は生活に一番近い道具で、子供の時から持って何かを切っています。

鋏の写真

鋏は物切るのでなく、切断する為に、親指、他の指で鋏を確りと握るようにデザインされています。

刃も物をが逃げないように直線刃に成っています。刃自体も鋭利には作って有りません。

ヘアーカットの鋏

髪の毛を切断する事には変わりが有りませんが、毛髪は円形状ですので、日本製品は、髪を転がしながら切断して行くと言う構造になっています。

鋏は基本的に柳刃が多くあるのはこのためです。

刃自体は、非常に鋭利に作って有ります。

鋏の構造も全く違っており、静刃,動刃に別れ、静刃は、小指で支え、環指で固定させます。人差指、中指で鋏を支えます。動刃は親指の動かし、親指だけを使用して開閉させます。

髪の毛を正確に直線に切るために歯、この機能を知る事が必要です

写真 動画

どうして動刃だけを動かすか

紙切断機を見てみ下さい

写真

片方の刃が動かなく、角度が違うので、厚みの有る、積み重ねてある紙、を正確にカットできます

髪の毛は円形で、円形の髪を束にしてカットするには、滑りやすく、静刃、は動かず、動刃でカットする訓練が必要です

 

手首

手首をリラックスしてみてください、手首が下がらないようで指先が前に向くようでしたら、手首が硬すぎます

指先を見てください、指先は外側に流れています

鋏を見てください 写真拡大

日本製品で良い製品は、環指が丸くなく、外側に削って有ります。

親指も削って有ります、小指掛けも削って有ります。

これは指が入りやすが、真っ直ぐに入れないように、鋏を持つようにデザインされているからです写真

親指の動刃は短くなっているのは、親指が入りやすく、開閉を大きく出来るように設計して有ります。

写真

 

鋏の持ち方

鋏を持つほうを、リラックスさせて,環指、親指、小指掛けに入れてください

鋏を持つには、小指で支え、環指で固定させ、人指し指、中指で補足して支えます

親指を入れないで、鋏を支えて、刃先を他の指で押さえて、動かなければ、最高の持ち方です。最初は出来ません

親指は、指先だけが、タッチして、開閉は大きく、親指の第一、第二関節が動いて開閉します。

親指を深く入れるのは、鋏を他の指が完全に支えていないからです

親指を深く入れて、開閉しますと、大きくはさみが開きません、早く開閉できません

鋏動刃を静刃に押し付けますので、鋏刃を痛めます。切れ味が悪く、バランスも悪くなります。

練習方法

鋏でカットすると正確に直線に切れていると思っている理美容師が多いのですが実際にそうでしょうか?

経験の有る理美容師が、カットに時間がかかる、正確に揃えて切れない、問いの原因は種々有りますが、鋏を正確に持っていないという場合が殆どです。

自分が正確に髪を切っているかを知る方法は

新聞紙を4-5cMの幅に切り、鋏で髪をカットするように、目の位置まで持ってきて、正確に 3-4mmの幅で切ってください

これを最低4キロ切ってください

最初は真っ直ぐに切れません、大体2キロ切ると、鋏開閉が出来るようになりますが、正確に切れるのは殆ど有りません

3キロくらいから、正確に切れている、紙が増えてきます、4キロ切ると、70%正確に、15%はパス15%は不ぞろいですが、最初は全く出来ませんから、素晴らしい上達です。

写真

これで鋏を正確に持ち、体の動きで髪の毛を正確に引き出し、カット直線に切る事が出来るようになります。

これでやっとヘアーカットする準備が出来ました。

 

次はいよいよカットに入ります。

練習表は何で必要か?

何か目的が出来ると、それに向かって進みますが、途中で投げ出す、熱意が無くなる、と言うのが人間です、それは何処まで進んでいるか自分で理解できないのと、何かすると、難しく、少しやっても、ものすごくやった、これで十分と言う甘えが直ぐに出てきます。

記録を狙う、大学に進む、エキササイズをして体を鍛える、減量する、と言う目標があればいいのですが、カットが上手くなると言う事では目的がはっきりしません 行うことが沢山ありそれをコウドネーションする事が必要になるからです。

 

練習表を作ってその目的に近づける道しるべです。

表は一ページ終了まで8時間かかるように作成して有ります

最初にスタートして日付を上部に書き込んでください

一枡は1分間を表しています、何分練習したか、練習した分を線で引き、日付を書き込んでください。

写真

始まった日付、毎日の日付で進行状態理解できるのと、毎日各種目平均練習時間が分かります

目的までの時間を理解し、進める速度を速めることもできます

練習での注意

 

練習始めは、エキサイトして、一度に多く行い、指、手首を痛める生徒がおります

指、手首のエクササイズをしている人は少なく、初めての人は、1分行ったら、1分休んでください、慣れてきたら、一度の2-5分と伸ばして、休憩します。

練習は何でも簡単に出来ません。

8時間を毎日練習で5分間行うとして

8時間x 60分=480分/5分=96日かかります。

指、手首、運動9種類有ります、親指は2倍練習量ですから合計50分

これに休みが入れますから、約60分

体の動き3種類 15分

新聞紙カット30分

毎日最低2時間ほど練習に必要で、約100日行います。

 

その為に練習表が必要です

この練習表を真剣に行えば、100日で、10年選手の動きが出来ます。

カットラインは、直線、水平線、斜め線、の3種の、直線ラインが全てのカットを作り出します。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中