For cut and circular motion 9-1) body

# 9-1)  for the cut and circular motion of the body

  1. I continued movement wrist, finger,, how to hold the scissors, opening and closing movement, the scissors, but how??
  2. Did you try to turn off the newspaper?
  3. Scissors is a straight line, but do you always cut in a straight line?
  4. Width at a certain width?
  5. If you’re not cut if,

How to hold scissors has it wrong. The scissors are blurred, with poor how to hold, training of the finger is not possible.

The blade of the scissors is bad If you turn off the newspaper 6. Scissors? ?

This is so because rubbing against each other in the blade Hasamo when I put thumb hole deep in the thumb with a pair of scissors.

tone will always bad, so rub the blade and blade to lend my scissors when the student does not have a long scissors.
Scissors Since this device cut blade and blade while in contact, when you open and close without anything between the blade and blade hurt most,

You scratch the blade If you do not care when you open and close it with correctly.
The minute you turn off the newspaper and opened and closed with the scissors correctly, it does not have little effect.
However, please start the polishing opening and closing an hour, the blade does not may become dull if done 100 days.

The reward of the painting and my scissors! ! !

This is the main issue of today

At rest the body, you move your hand the hand, and make a circular motion, that is related to the cut.

When you make cuts into a linear motion circular motion, cut to progress quickly,

It can be cut precisely, to understand immediately any cut.

If you’re Just use cut to some degree of accuracy the whole, you can also blindfolded, and people in general are on your own, cut their own also can be as much as an expert.

I have described here

[Youtube = http://www.youtube.com/watch?v=3aSShZqAhew%5D

I will explain the circular motion.

The spread in much the same as the width of the shoulders and both feet when you stand, people will stand parallel to the foot of the left and right,

This is the position of the foot when management hairdresser most of the stand behind the chair.

Away from the wall, stand, position so that the hand does not hit the wall.

In parallel, to expand the width of the shoulders in both feet.

The listed above the left hand, it will come down the arm. Away quickly from the wall, it will come down to around the shoulder left hand, left hand from the front to the back oblique will come down while drawing a circle Me

I’ll be down around the shoulder, if you draw a diagonal circle from the back to the front left hand
past the center of the body, do the exact diagonal circular motion left hand goes towards the right shoulder, left hand against the wall It becomes diagonally circular motion

I’ll take a look from the side it now. Stand parallel to and spread to shoulder width feet.

Raise the left hand, it will come down slowly it, left hand, go to the rear of the center line while drawing a diagonal circle.

To come before the body again, to return to the original while drawing a diagonal circle.

Standing Align the foot in this way, around the shoulders and raise the arm and make any accurate diagonal circular motion.
This is a natural movement,

To cut in a precise circular motion, the motion of the hand diagonal circular motion when you make an accurate cut and stand with feet together, it becomes hard to be that it is not Ika have to unreasonable state fairly the body,
and sustained I can not not to exercise considerable force can be when you cut Te, to the exact cut, and you can not always If you do not train you.

In if how?

Oblique circular motion How can you stand to perform precise circular motion in front of the body , by switching to linear motion it, at any time

Can you can cut exactly?

This is a problem

 

– 9 for cut and circular motion of 2) body

9-1) 体の円運動とカットについて」への4件のフィードバック

  1. hairmogi says:

    札幌じゅん先生 2008年07月02日 16:05
    はじめまして。
    足跡から参りました。お名前は知っております。業界誌などで良く見ておりました(笑)

    ありがとうございます。

    びっくりしました。

    技術をこうやって
    文字と写真で詳しく解説すると言うことは、やってみて検証して修正して完成させなきゃいけないので、何度も何度もやってこないと文字として残るので大変な作業だと思うのです。
    美容業界のために
    後輩のために
    本当に尊敬に値するこのミクシーでの活動。
    素晴らしいことだと思います。

    茂木先輩を見習っていけたらと思います。
    ありがとうございます

  2. hairmogi says:

    Mogi 2008年07月03日 01:40
    札幌じゅん先生
    先生のように実際に日本で教えていられる方からコメント頂くのは大変光栄に思います。
    カットに関する私の考え、指導は根本的に違います。此処で述べていますように、素人がプロになるのでうから、昔のように、徒弟制度で時間を掛けて、教える事も最近はしませんし、美容学校も短い期間で、何とか形を作って世に出す事で、基礎訓練より、デザイン中心を行っているように感じています。それは技術最終段階で、デザインは残念ながら、誰も教えられない、本人の個性の表現で有るから、製作者が満足であればそれが、本人のその時点の最高の出来、後は他人がどう評価するかで評判は違ってくると教えております。
    そういう事ですので,自分の体験で出来た理論??ですので、不備な点が有ると思いますからそれは、その時にコメント頂ければ嬉しく思います。

  3. hairmogi says:

    ☆KOU☆ 2009年01月14日 16:35
    とても素晴らしいですね理屈がしっかりとしているのでわかりやすいです写真開くのに手間がかかりますがしょうがないですよね

  4. てんせぐりてぃ says:

    体重移動の要は前足の膝の向きです。膝の皿が足の中指、薬指の延長方向に向きながら軽く曲がっていく動作が自然で、女性は特に親指方向に向きながら曲がっていく事が多いです。親指はブレーキの役割を果たすので重心移動は途中で止まります。止まった重心を動かすために後ろ足で蹴ったりこねるような動きが出ます。

    膝頭と頸骨の向きを揃えて中指、薬指方向の意識をお試しください。

    茂木先生が左足股関節真上あたりまで左肩を持ってこられているのに対し彼女はそこまで移動できずに膝が折れてしまっています。

    ただし右股間節には身体を前に運ぶ力はかかりにくいので少し工夫がいることは事実です。左右の股間節に体重をのせ換えた時、身体にかかる力の方向は変わります。

    左の股間節には前向きの、右の股間節には後ろ向きの力がかかっています。

    (足の裏を感じる)という事だけにほんとうに意識を集中すれば、結果的に体重の移動が行われるはずです。

    武術では足を転がすようにと伝えられています。

    てんせぐりてぃより

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中